厚生労働省の「統合医療」を参考にしよう

 

厚生労働省の「統合医療」のコーナーには、たくさんの植物による、昔からの
伝統医療・民間医療に関わる植物が掲載されています。

園芸ガーデンセンターは、こんな記事も参考になります。

アロエベラ
カモミール
シナモン
ニンニク
ショウガ
セージ
などたくさんの植物由来の海外の事情も掲載されています。

以下は、「統合医療」の植物の海外情報です。

https://www.ejim.ncgg.go.jp/pro/overseas/c04/02.html

やっぱりラベンダーが好き

ラベンダー・ヒデコートは、やはり強健です。もう四年目になると思いますが、昨年の非常に暑い名古屋でも夏越が出来、しっかりと咲いてくれました。どなたでも、十分に満足頂けるラベンダーの品種です

品種の説明と栽培方法
ヒデコートラベンダーはスパイカ系のラベンダーで、トルーラベンダーが元になった栽培品種です。
草丈が40cm程度ですが、多花性で初夏を彩る美しい濃紫色の花を咲かせます。 葉は銀灰色で、花と同じくガクも濃紫色をしています。花茎、花穂ともに短くコンパクトなので鉢植えでも、花壇の縁取りなどにして楽しめます。ヒデコートラベンダーは、ヒッドコートラベンダー、ヒドコートラベンダー、ハイドコートラベンダーとも呼ばれています。※当店ではラベンダーを下記の8つのグループに大別して
ご紹介しています。
スパイカ系、ラバンジン系、プテロストエカス系、
ストエカス系、デンタータ系、カエトスタキス系、
スブヌダ系、その他

【特徴】
樹高・草丈: 40cm
開花時期:6月初旬~7月中旬
花色:パープル
温度:耐寒性
水やり:乾燥気味
日当たり:日なた
土質:痩せ地

【栽培ポイント】
アルカリ性で肥沃でない土壌を好みます。日当たりがよく乾燥気味の方が適しています。降雨量の多い地域では水はけのよい畝を作って植え付けるか、斜面に植え付けるとよいです。鉢植えにして水やりのコントロールをするのもよいでしょう。枯らす原因の多くは肥料の与えすぎと水のやり過ぎによることが多いです。

スパイカ系ラベンダーは成長がゆっくりです。順調に育てば3年目の初夏には多くの花穂を付け見応えのある樹形に成長します。
1年目は剪定せずに株を大きく育てて下さい。
2年目は初夏に花穂を少し付けてくれます。2年目以降は剪定を年に2回行います。
1回目は開花後の花穂の刈り取り及び風通しを良くする「枝すかし」の剪定を行います。
2回目は暖地なら12月初旬、寒冷地では4月初旬頃に、枝先を整えるだけの軽い剪定を行います。
3年目以降は暖地では冬、寒冷地では春先に強剪定を行います。
スパイカ系ラベンダーは剪定することにより、株の老化を防ぎ活性化させます。活性化した株は毎年初夏に多くの花穂を付けてくれます。

また、スパイカ系は、高温や多湿などに弱く、梅雨の時期や真夏は注意が必要です。

香りの良いスパイカ系ラベンダーとラバンジン系ラベンダーを比べると、スパイカ系はの高温多湿への順応性が弱いので、関東以西の暖地地域ではスパイカ系のラベンダーは避けた方が良いでしょう。日本海側や内陸部で夏暑くならない地域であれば大丈夫です。

名古屋の尾上さんのFACEBOOKを参考にしました

ハーブの団体を活用しよう

<3つのハーブ協会>

ハーブは、すこしづつ私たちの生活に浸透してきました。ハーブの民間の団体があります。

1、日本メディカルハーブ協会

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会

日本メディカルハーブ協会(JAMHA事務局)

所在地 〒102-0073 東京都千代田区九段北1-10-1 九段勧業ビル2階

●TEL 03-3230-4182(9:15~17:30 土日祝日を除く)

●FAX 03-3230-4184

●MAIL:info@medicalherb.or.jp

https://www.medicalherb.or.jp/introduction/certificate

https://www.medicalherb.or.jp/

専門性を養いたい方に、5種類の認定資格

  • ハーバルセラピスト
  • 日本のハーブセラピスト
  • シニアハーバルセラピスト
  • ハーバルプラクティショナー
  • ホリスティックハーバルプラクティショナー

2、特定非営利活動法人 日本ハーブ振興協会 (NPO Nippon Herb Association 略称:NPO-NHA)

〒170-0013

東京都豊島区東池袋2-23-2 UBG東池袋ビル4F

TEL 0120-802-459

FAX 0120-936-110

設 立:平成12年11月

https://www.npo-nha.jp/npo-nha%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

日本ハーブ検定

認定スクール制度

NPO-NHAの認定インストラクターを育成するスクールで、ガイドラインに沿ったカリキュラムで学習されているなどの条件を満たしたスクールを、認定スクールとして認証します。 認定スクールは、当サイトに掲載されます。 認定を希望される場合は、事務局までお問い合わせください。

 

資格・検定制度

健康に過ごすための幅広い知識を広く正しく伝える能力を持った方を認定するために、資格・検定制度を実施しています。

 

  • 『Professional Adviser of Herb [ PAH ] 』ハーブの知識や使い方などを適切にアドバイスできると認められた方に与えられる資格です。
  • 『Herbal Food Organizer [ HFO ] 』 料理などを通じて食の知識や使い方を適切にアドバイスできると認められた方に与えられる資格です。
  • 『Herbal Aroma Creator [ HAC ] 』アロマに関する知識や使い方を適切にアドバイスできると認められた方に与えられる資格です。
  • 『Herbal Food Meister [ HFM ] 』ハーブを通して、食に関する体系的な知識を身につけ、人々にとって健全な食を提案できると認められた方に与えられる資格です。
  • 『Professional Instructor of Herb [ PIH ] 』ハーブに関してその知識や使い方を専門家として指導できると認められた方に与えられる資格です。
  • ハーブ地域普及員 地域活動にボランティアとして参加したいという市民に対し、情報やノウハウの提供を円滑に行う。
  • 日本ハーブ検定 自分自身のため、身近な人々とともにハーブを楽しむための初心者向けの内容です。
  • メンタルハーブ検定
ハーブやアロマの作用の一つである“メンタル”?部分に注視した検定試験です。

 

各種イベント・セミナー開催

3、和ハーブ協会(JHF:Japan Herb Federation)

https://wa-herb.com/

“日本人の美と健康と文化の源、日本由来の植物に目を向けていく”事を目的に、2009年10月に設立されました。

在地:〒104-0061 東京都中央区銀座4丁目11−7 第2上原ビル6F

TEL:03-6435-3863 Fax:03-6435-3861

セージ

<セージ>・・・万能ハーブ、シソ科、原産地中海沿岸

統合医療より

https://www.ejim.ncgg.go.jp/pro/overseas/c04/40.html

科学的根拠

  • 喉の痛みに対するセージの効果は十分には研究されていないため、治療の有効性を支持する科学的根拠はほとんどありません。
  • 2件の小規模試験では、セージが健康な若齢者において気分や精神能力を向上させ、高齢者において記憶力や注意力を向上させることが示唆されています。別の小規模臨床試験では、セージ抽出物は、思考力および学習力の向上において軽度から中等度のアルツハイマー病の高齢者に対し、プラセボよりも高い効果を示唆しました。
  • セージ精油が、抗微生物作用を有することが、基礎研究により示唆されています。

別名:ヤクヨウサルビア

草丈:30-120cm

出回り時期:4-5月、10-11

使える部分:葉、花、茎

用途:料理、サラダ、ティー、お酒、リンス、入浴剤、ポプリ

キーワード:英国で「庭にセージを植えている人は長生き」

効果:防腐効果、抗菌力、ソーセージなどの加工品に利用。消化を促し、肝臓の働きを強め、神経を安定

<品種>

コモンセージ(代表種)

パイナップルセージ

ゴールデンセージ(黄色い斑)園芸品種

ペインテッドセージ(一年草)

クラリーセージ(二年草)・・・強く香る

チェリーセージ

メキシカンブッシュセージ

●生の葉1、2枚をお湯に入れ冷ますと即席のうがい薬に

のどの痛みを抑え、口臭も抑える

●花は、サラダの彩りに