「物欲」と「精神欲」

「精神欲」が求められるライフスタイルの時代の「商品」づくり

1、オンリーワンのものづくりが要求されています

地域、分野、年齢別のオンリーワンから始めましょう。

2、こだわりのものづくりが要求される時代です

小さなこだわり、自分のゆずれないものづくりから始めましょう。妥協できるモノはもういりません。

3、高額商品の提供とは、「精神欲」の満足につながります

当然、これらのことを続けるには、自然コストもかかりますから提供価格も高額になります。低価格の提供に比べて、高価格は自律的に精神欲につながります。そして、安くてもいらないものはいらないのが今の時代のライフスタイルです。

4、最後は、継続です

以上を続けることは、簡単ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です